噛みあわせが悪い場合の対処法

MENU

噛みあわせが悪い場合の対処法

噛みあわせがあまり良くないと思ってはいても、治療したほうが良いのか分からないということもあるでしょう。
こうした際、微妙なレベルでは歯科医院に相談を持ちかけにくいと思ってしまう人もいるでしょう。

 

こうした人は、自己チェックを終えたあと、悪いようならば歯科医院に行ってみると良いでしょう。
まずやっておきたいことが、歯並びの調査で、これに関しては鏡を使用して実施します。
鏡を確かめながら口を「イー」と形作ったときに、上の前歯と下の前歯の中心部分にズレが生じたりしていないか確かめてください。

 

それに、歯間が開いている箇所がある状態、これもまた噛みあわせに悪影響を及ぼします。
これ以外にも、適切な歯並びでは上の前歯は下を隠すように前に出ているものですが、下の前歯に上の前歯がかぶりすぎているのも良くありません。

 

しっかりと物を噛む力が出なかったり、左右の一方の歯の高さが高いケースでは、正しい噛みあわせになっていない恐れがあると言えます。

 

とはいえ、多少異変を感じるほどで、顕著な症状が見られないということなら、すぐに噛みあわせ治療を施さなくても大丈夫でしょう。
それほど気になる症状はなかったものの、治そうとし、けれども良くない治療を受けたことにより噛みあわせが悪くなってしまったという話もあるのです。

 

頭痛、肩こり、それから噛みあわせにより生じている確率が高い症状が認められるなら話は別でしょう。
ですが、大した問題が起こっていない場合、自己診断で良くない箇所が見つかったからといって、大急ぎで治療をスタートしなければと焦燥感に駆られなくても大丈夫です。